Home> 人事労務ソリューション> iPadタイムレコーダ

出退勤管理システム             TimeWorks



Clock In@Face 概要
 
     Clock In@Faceは、iPadを出勤・退勤等の打刻を行うタイムレコーダーとして利用するアプリです。
一般的なタイムレコーダーとは異なり、磁気カードや非接触型ICカード等のIDカードを使用しません。カード不要で運用可能です。
打刻の際に顔写真を撮影してサーバーに記録することにより、IDカードでは防げなかった代理打刻等の不正打刻の抑止につながります。
また、記録した顔写真の中で不正が疑われる打刻を、打刻者識別ソフトによりチェックし、システムの管理者に通知可能です。
少人数多店舗展開の業界では、タイムレコーダに費用をかけず、また不正打刻の防止を図るため、パソコンに指紋や静脈認証リーダー等の生体認証機器を取り付けたシステムが使われている状況にあります。
Clock In@Faceでは、ドラッグストア、衣料品チェーン、コンビニエンスストア、レストランチェーン、メガネチェーン、ファーストフードチェーンなどの少人数多店舗展開している業種を主なターゲットとし、iPadを活用することにより従来のシステムと比較して半分程度に低価格化を実現しました。
  (*) この製品には別途 タイム・ワークス / TimeWorks Web Extension が必要です。

 iPadをタイムレコーダーとして活用

iPadを店舗などに設置し、タイムレコーダーとして利用します。 iPadでTWE(TimeWorks Web Extension)の一部機能も利用可能ですので、就業管理にもiPadを活用することでパソコン不要のローコストオペレーションが可能です。

 タッチで簡単操作

アイコンタッチで自分を選択して打刻ボタンをタッチするだけ。誰でも簡単に操作できます。タイムカードやIDカードは不要です。

 顔写真撮影で不正打刻を抑止

打刻時に顔写真を撮影してサーバーに記録することにより、IDカードでは防げなかった代理打刻等の不正打刻の抑止につながります。
また、打刻者識別ソフトにより記録した顔写真から不正が疑われる打刻をチェックできます。

 システム要件

・iPad 2以降/iPad mini(Wi-Fi/Wi-Fi + Cellularモデル)
・タイム・ワークスV8.5以降

 アプリの試用

本アプリはApp Storeにて無料公開中で、デモモードにてご試用いただくことが可能です。
試用に必要となる情報をメールでお送り致しますので、こちらから是非お申し込みください。

 SaaS型サービスにより、すぐにご利用も可能

SaaS型申し込み手順は
@ KS WISE 利用規約への確認・同意お願い致します。
A KS WISE 申込み書記入・送付お願い致します。
B 弊社より利用マニュアル及び設定データ記入用紙を送付いたします。
C 設定データ記入用紙に必要事項を記入し、ご返送下さい。
D テスト期間ご利用頂き、サービス検証をお願い致します。
E ご利用開始となります。
利用プラン 初期費用(税込み) 月額(税込み)
  弊社営業部までお問い合わせ下さい。

資料請求はこちら 資料請求はこちらから

※Apple、Appleロゴ、iPadは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

このページのトップへ