Home> 人事労務ソリューション> Web対応版 人事考課システム

Web対応版 人事考課システム           STRA



ストラ Ver 3.0 New!! 概要
        従来より人事考課システム"ストラ Ver 2.1"として好評を頂いておりましたが、この度、ストラ Ver 2.1 の機能、経験を生かし、最新技術を取り入れた新製品、ストラ Ver 3.0 を開発いたしました。
ストラ Ver 3.0 は従業員一人一人の評価を入力して集計・分析し、昇給・賞与・昇格の基礎データとして、能力開発及び人材育成を支える人事制度をバックアップします!

 自由な評価項目の設定


クリックすると拡大表示します
    考課職掌ごとに評価項目やウェイトが設定できるので、その職掌にあった評価ができます。
考課目的、考課職掌ごとに、類別99項目、類別ごとに評価99項目を自由に設定できます。
さらに評価項目ごとに着眼点を入力する事ができ、評価のポイントを示す事で、より公平な評価を実現できます。

評価項目、着眼点は標準で多数のサンプルを搭載しております。社内の運用ルールが未確定な状況においても、サンプルから選択し組合わせる事で、評価内容の確定を容易に行う事が可能です。

 より適性な絶対評価

考課職掌ごとに評価のポイントとなる着眼点を設定。
これに基づいて評価を行う事により、より公平な評価を実現します。
さらに甘辛調整ができ、全体のバランスを取りながら、考課結果をまとめる事ができます。
考課結果は、定額、係数、ポイントで出力されますので、任意の項目を使った連動が可能です。

 イントラネットからの評価入力


クリックすると拡大表示します
    社内のイントラネットに繋がっているPCであれば、Webブラウザで評価入力ができます。
評価項目ごとに着眼点を参照しながら評価入力が可能なので、客観的な評価ができるようになっています。
上司が考課をする場合、部下を考課した評価や所見を見ながら評価する事ができ、見方の違いなどを把握して評価する事ができます。
また、被考課者の過去2年分の評価歴を参照する事により、成長を確認する事ができます。
更に、文章による評価を入力する事も可能となっています。
これらの入力データから総合考課表を出力し、本人と上司の面接資料として活用する事により、より効果的な人材育成が可能です。

 多面評価に対応

人材育成や評価の公正性・客観性の確保の為、上司だけでなく同僚や部下など複数の方位から評価を行う多面評価に対応しています。
通常、人事評価の際の評価者は被評価者の直属の上司が行います。しかし多面評価制度では、評価者を上司のみとせず、同僚や部下、他部門等にも拡大して行われます。
ストラ では、同一資格同士や評価者の個人指定等、評価者・被評価者の関係を任意で設定する事により、管理職のマネージメント能力の育成に役立つ多面評価を行う事が可能となっています。

 考課者の割当を自動的に設定


クリックすると拡大表示します
    考課対象者に対して誰が考課するのかを自動設定により割り当てます。
例えば、「1次考課は本人、2次考課は直属の上司、3次は人事担当」のように設定する事ができます。
また、自動生成した結果に対して、考課をする人を手動で変更する事ができます。
考課者を変更する際に、組織全体を見て作業が行えるように組織図を作成する事もできます。

 甘辛調整に役立つ帳票


クリックすると拡大表示します
    全員の評価を入力した後、総合考課で個人の評点、全体の順位、考課職掌ごとの順位、平均点などを計算します。
その結果に基づいて、個人毎の評価をまとめた総合考課表、評価項目毎に評価結果の人数をまとめた人事考課分布表、考課段階毎に集計した考課内訳表、所属・項目毎に平均を集計した平均評価点一覧表などの帳票を作成する事ができます。
人事考課分布表には甘辛調整の前後を比較する事ができるので、部署毎の調整ができます。

 他システムとの連動

考課結果を人事情報システム「チーム・ワークス」と連動させて、昇格候補の抽出条件に設定する事ができます。
また、給与計算システム「ペイ・ワークス」と連動させて、昇給・賞与に考課結果を反映する事ができます。
考課結果はCSV形式で出力する事ができるので、自由に利用する事が可能です。

 価格

別途お問合せ下さい
 


ストラ Ver 3.0 仕様/動作環境

 製品仕様

適性処理人数 50人〜5000人
社員コード 英数字15桁
所属コード 英数字15桁(最大4階層)
考課目的 最大9種類(昇給、昇格など)
考課期間 1つの考課目的毎に最大12期間(上期、下期など)
評語 英数字2桁 最大10種類(S、A、B、Cなど)
評価類別 最大99項目
評価項目 類別毎に最大99項目
考課方法 総合考課、甘辛調整
その他 総合考課表印刷機能、考課内訳表印刷機能、人事考課分布印刷機能
表平均評価点一覧表印刷機能、エクスポート処理機能
マスターインポート機能、個人データインポート機能
考課情報インポート機能、人事連動データ作成機能
基本金額算出CSV出力機能、考課経路CSV入出力機能

 動作環境

サーバー
対応OS 32bit:Microsoft Windows Server 2003 / 2003R2 / 2008
64bit:Microsoft Windows Server 2008R2
対応機種 Xeon 2GHz相当以上で、上記OSが動作保障されているコンピュータ
クアッドコアプロセッサ推奨
対応データベース Oracle10g R10.1 / R10.2 /  Oracle11g R11.1 / R11.2
Microsoft SQL Server 2005 / 2008 / 2008R2(Microsoft Windows Server 2008R2との組み合わせのみ可)
対応Webサーバー Microsoft Inernet Information Services(対応OSに標準搭載)
(データベースを稼動させるマシンと別マシンとすることも可能)
メモリ
データベース・Web共用  2GB以上(4GB以上を推奨)
データベースサーバ  1GB以上(2GB以上を推奨)
Webサーバ  1GB以上(2GB以上を推奨)
ハードディスク
データベースサーバ    30GB以上(1000名5年間保存の場合の例)
Webサーバ    10GB以上
クライアント
対応OS 32bit:Windows Vista Business / Windows 7 Professional
64bit:Windows 7 Professional ※Windows XP mode はサポート対象外
対応Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 7 / 8 / 9 / 10 (cookieの受け入れ、スクリプト実行許可が必須)
対応機種 CPUにPentium D以上を搭載した使用するOSが稼動するコンピュータ(Core2 Duo 以上を推奨)
メモリ Windows Vista / 7 1GB以上(2GB以上を推奨)
ハードディスク プログラム   200MB以上
(評価入力専用クライアントの場合は、ハードディスクは使用しません)
ディスプレイ 本体に接続可能で使用するOSに対応したディスプレイ
1024×768以上を推奨
プリンタ 使用するOSに対応したA4サイズに印刷可能なページプリンタ
その他 .NET Framework 3.5
*1プリンタの機種およびプリンタドライバのバージョンによっては、印字できない帳票があります。
  
Microsoft(R)、Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
Oracleは米国Oracle Corporationの登録商標です。
その他記載の規格名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
本製品にはデータベース及びクライアントライセンスは含まれておりません。別途ご用意ください。
利用するデータベースにより、動作するOSの制限があります。この場合、データベースの動作可能なOSをご利用ください。
 

資料請求はこちら 資料請求はこちらから

このページのトップへ