Home> 人事労務ソリューション> 就業管理システム

就業管理システム              TimeWorks



タイム・ワークス Ver 9.3 概要

あなたの会社は就業時間管理に時間をかけていませんか?

   「交替勤務が複雑だから」
「パートさんの時間がまちまちで」
「裁量労働を拡大していきたいのだが」
タイム・ワークスにおまかせ下さい。
タイム・ワークスなら、強力な設定機能で複雑な勤務体系に柔軟に対応。
もちろん、Webブラウザもサポート(*)。
これで就業時間管理は安心です。
  (*) Webブラウザに対応するには別途 TimeWorks Web Extension が必要です。

 人件費削減とコンプライアンスの両立

タイム・ワークスは、人件費の削減とコンプライアンスという、相反することの多い課題に対し、「始業・終業時刻の記録」と「打刻との乖離チェック」で応えます。
客観的な時刻記録を残しつつ、始業・終業時刻に基づく計算を行うことにより、在社時間ではなく本来の「労働時間」を算出します。
しかしこの方法は、いわゆる「サービス残業」のリスクをはらみます。
タイム・ワークスなら、打刻時刻と始業・終業時刻の差が一定時間以上の場合には、理由の入力を必須とする設定が可能。人件費削減とコンプライアンスの両立を強力にサポートします。

 Windows10に対応

タイム・ワークスがWindows10(32bit/64bit。デスクトップ。Oracleの場合はR12.1.0.2のみ)に対応しました。

 インターバルタイム機能の追加

TimeWorks Web Extension の 勤務スケジュール画面で
インターバルタイム(前日予定終業時刻〜当日予定始業時刻)のチェックが可能となりました。
従業員区分ごとにチェックする時間の変更が可能です。
また、汎用チェックデザイナでインターバルタイム(前日終業時刻〜当日始業時刻)が出力可能となりました。

 これまでの機能強化・改善

設定エディタ機能の追加
  これまで散在していたINIファイル、CFGファイル(TWE)、システムパラメータ等(DB)の設定を、1つの画面で設定できる「設定エディタ」機能が追加されました。
弊社の人事/給与システムの設定も合わせて設定できます。
 
   
フリー勤務対応
  従来は始業時刻/終業時刻が異なる場合、それぞれに勤務情報を設定する必要がありました。
始業時刻/就業時刻を勤務情報に設定するのではなく、勤務テンプレートで設定、 またはTimeWorks Web Extension の 勤務スケジュール画面で入力することが可能となりました。
   
労働時間管理機能の強化
  月次集計値、36協定値によるチェック機能を追加しました。
     
 
TWE「月間チェック」画面
   
お知らせ機能の強化
  TWEログイン直後に表示される「お知らせ」画面を追加しました。
各種エラーや36協定などの警告、要承認データ有無などを表示。必要なチェックを促します。
   
 
   
変形労働オプションの一部標準化
  従来、「変形労働時間外計算オプション」として提供していた機能のうち、「週時間外」(40H)、「フレックス勤務」の計算がTW標準機能となりました
   
休暇付与処理の強化
  比例付与制度対応を改善するため、年間所定日数の自動計算機能を追加しました。
勤続年数の計算に、みなし入社日を使えるようにしました。
   
WorksMessenger代理申請機能の追加
  代理申請(申請者≠対象者)が可能となりました。
統合システムメニュー「WorksDeskTop」の採用
 
システムメニューが弊社製他パッケージと統合されましたので、目的の処理を実行する上での操作性が向上しました。
   
マスタデータのインポート機能が追加されました。
年休消化率レポートの追加
  前年度の年休消化率や当年度の現在までの消化率、および年度末に対しての見込みの消化率を所属部署単位にて印刷が可能となっています。
公的機関等への提出資料としてご活用頂けます。
RFIDカード(ICカード)対応(※別途RFID対応端末 KS4200 等が必要)。
MIFAREカード発行機能搭載(※カード発行機能には、専用の機器が別途必要となります)。
変形労働勤務に合わせた総枠時間外計算方式に対応。
  (※このモジュールを利用する場合は、別途、利用ライセンスが必要となります。)

 便利な履歴管理機能

タイム・ワークスは、所属、役職、職種などの異動日付や、勤務パターンの変更日付を持っています。 このため、過去のデータを呼び出す場合に、その時点の情報をそのまま取り出すことができるだけでなく、 変更を前もって入力しておくことで、特定の時期に業務が集中することを防ぐことができます。

 多彩な就業規則設定機能

名称から役割まで、自由に設定可能な99種類の時間項目と回数項目、999種類のカレンダー、99種類の届出、英数字3桁コードによる勤務シフトが登録可能。 さらに、特定の条件を満たしたときに時間や回数項目に編集を加えることもできます。 もちろん、休暇管理機能も完備。勤務年数に応じた有休付与や、届出入力時の残日数チェックまで、トータルサポートします。    
クリックすると拡大表示します

 高度なセキュリティ


クリックすると拡大表示します
    出退勤のデータは、給与に直接結びつく重要なデータ。管理には十分なセキュリティが必要です。
タイム・ワークスなら、利用者ひとりひとりにパスワードを設定できますから、データの保護は万全です。 もちろん、利用者ごとに、使用できる機能や処理できる対象者を限定することができますので、現実の職制に応じて権限を委譲することで、 管理部門の負担を減らすことができます。
V8.5にて、アクセス権限の履歴管理、兼務情報によるアクセス権の付与にも対応しています。

 TimeWorks Web Extension

Webブラウザで出退勤管理を行う、TimeWorks Web Extension を用意しました。
計算機能はタイム・ワークスと完全互換。もちろん、Webブラウザだからインストール作業も不要です。
タイム・ワークスと TimeWorks Web Extension で、高機能とTCO削減を実現します。

 所属長承認方式に対応

裁量労働制の適用拡大を受けて、自己申請/所属長承認機能を充実。
セキュリティ機能と組み合わせて、承認行為の可否や承認対象者の制限を行うことができます。

 タイムレコーダーで自分の勤務実績を確認

磁気カード方式のタイムレコーダには、毎月のカード発行が不要で月末の集計も簡単という大きなメリットがあります。 しかし、唯一のウィークポイントが、自分の勤務実績をその場で確認できないこと。
タイム・ワークスなら、タイムレコーダーに勤務実績を送信しておくことで、自分の入退場時刻は もちろん、月度の累計残業時間や休暇の残日数などを確認することができます(*)。
(*)高機能型時間管理端末 KS4200 と組み合わせて使用することで対応します。

 各種データ入力をサポート

標準でサポートする磁気カード方式ほか、電子タイムレコーダー、マークシートリーダー(OMR)をサポートします。 もちろん、時刻をパソコン上から入力することもできます。

 人事情報、給与計算とダイレクト連動

人事情報に チーム・ワークス 、給与計算に ペイ・ワークス をご利用いただくことで、人事労務統合システムへとグレードアップすることが可能です。
他社製システムとの連携も可能。各種情報のCSV取込/出力など、豊富なインターフェースを用意しています。

 2010年4月 労働基準法改正対応

割増率引き上げ該当時間の計算、代替休暇付与
  時間外労働の割増賃金率が引き上げられることに対応します。
(1ヶ月60時間を超えた時間外労働は50%、1ヶ月45時間を超えた時間外労働に対する努力義務)
また、割増賃金の支払に代えて、有給の休暇付与を行うこと(代替休暇付与)を可能とします。
時系列で集計し、割増率を考慮して分割計上することも可能
です。
   
時間有休対応
  1.基準時間(休暇1日に相当する時間数)の管理強化
 個人毎に履歴で設定可能としました。
2.時間計算時の編集機能の強化
 休暇取得時の数量を細かく指定可能としました。
 代休権失効時の精算に合わせた仕様を追加しました。
 編集条件で届出位置に基づいた指定を可能としました。
 勤務の所定時間(一日・午前・午後)を参照可能としました。
 ※連続勤務には対応していません。
 時間編集方法に「相殺」を追加しました。
3.休暇残の端数を丸める機能を追加
 ※付与区分=一斉、入社日起算のみ。

 導入実績(業種)

百貨店、スーパー、化学製造、鉄骨橋梁、銀行、電子機器販売、薬品製造、製菓、カメラ製造、自動車製造、ソフトハウス、生協、造船、音楽プロダクション、電子機器製造、本屋、建設業、大学、専門学校、病院など約1200社

 導入事例

日本精機株式会社様 タイム・ワークス シェアードサービス

 価格

別途お問合せ下さい

 


タイム・ワークス 仕様/動作環境

 製品仕様

基本仕様
社員コード数字または英数字 最大15桁
最大登録人数(推奨/最大) 10,000名程度/999,999名
所属コード数字または英数字 最大15桁/最大20階層
履歴管理対応
その他属性 組織(最大15桁/20階層)
勤務地(3桁)/職種・身分4種(役職、資格等 最大8桁)
対応勤務体系 一般勤務、フレックス(コアあり、なし)
交替勤務(ローテーションによる2交替、3交替)
みなし勤務、変形労働、パート・アルバイト時給 (全46,656パターン)
カレンダー 最大999種類。営業日/休日方式、曜日方式、交替勤務に対応。自動生成機能あり。
交替勤務は、週単位のローテーション、任意期間でのローテーションに対応(4勤2休など)
休暇管理(残数管理) 休暇台帳管理(年次有給休暇(半休・時間有休対応)、積立休暇、代休、誕生日休暇、他)
休暇付与更新処理(勤続年数付与テーブル、前年出勤率、一斉付与・入社日付与、精算日数積立休暇移行)
各種届出 直行、直帰、出張、遅刻免除、有給休暇、慶弔休暇など。(各有給・無給設定可)(全99パターン)
時間種類 所定内、普通残業、深夜割増時間など自由設定方式(全99項目)
日数・回数 シフト勤務回数、特殊勤務回数、食事回数など自由設定方式(全99項目)
労基法改正対応
引上時間複数種類の割増率に対する時系列処理に対応(代替休暇付与機能あり)
閾値の時間(45時間、60時間等)は任意設定可能
時間有休個人別所定時間設定、時間取得上限日数設定、代替休暇との組み合わせ取得、所定時間変更時の同比率移行(端数丸め)
Webブラウザ対応機能
入力処理勤務表入力(日別・月度別)/休暇台帳照会/勤務スケジュール入力/ワークフロー申請
承認処理日別承認/月度別承認/承認補助/権限委譲/ワークフロー承認
時間管理日次(社員一覧・個人別日次情報)/月次(社員一覧・個人別月次情報・月別展開)
その他分析・統計グラフ機能/Webタイムレコーダ/お知らせ/36協定値設定 他
利用者ごとのお気に入りメニューの作成に対応。
セキュリティ
機能の利用権限と、処理対象者の組み合わせで管理。
利用権限管理部門用C/Sモジュールは個別機能単位
Webブラウザ画面は機能グループ単位(個人処理/代行処理/承認/人事/システム)
処理対象者所属、役職、資格などの組み合わせで任意設定可能
対応タイムレコーダ
弊社製KS160II、KS1100、KS4200
KS-03(指静脈対応PC レコーダ)

 動作環境

Server 対応OS Windows Server 2008 / 2008 R2
Windows Server 2012 / 2012 R2
Windows Server 2016(SQL Server版のみ)
対応機種 Pentium 4 2GHz 相当以上で、上記OSが動作保証されているコンピュータ
クアッドコアプロセッサ推奨
対応データベース Oracle 11g R11.1 / R11.2
Oracle 12c R12.1
Microsoft SQL Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2014 / 2016
対応Webサーバ Microsoft Internet Infomation Service(対応OSに標準搭載)
(データベースを稼動させるマシンと別マシンとすることも可能)
メモリ
データベース・Web 共用2GB以上(4GB以上を推奨)
データベースサーバ1GB以上(2GB以上を推奨)
Webサーバ1GB以上(2GB以上を推奨)
ハードディスク
データベースサーバ30GB以上(1000名 5年間保存の場合の例)
Webサーバ1GB以上
その他 ワークフローのメール通知機能、ヘルスケアメール機能をご利用いただく場合、別途SMTPサーバが必要です。(SMTP AUTH、POP before SMTP 対応)
Client 対応OS Windows 7 Professional(32Bit/64Bit)/
Windows 8.1 Pro(32Bit/64Bit)/
Windows 10 Pro (※制限付き。詳細はこちら)
対応Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 10 / 11
※cookieの受け入れ、スクリプト実行許可が必要です。
対応機種 CPU に Pentium 4 以上を搭載した使用するOSが稼動するコンピュータ(Core 2 Duo以上を推奨)
メモリ
Windows 7 / 8.1 / 10 1GB以上(2GB以上を推奨)
ハードディスク 管理クライアントモジュール(C/S)のインストールには、200MB以上の空き領域
Webクライアントは専用領域は不要
ディスプレイ 本体に接続可能で使用するOSに対応したディスプレイ
解像度 1024×768以上を推奨
Microsoft(R)、Windows(R)、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
ORACLEは、米国Oracle Corporationの登録商標です。
タイム・ワークスは、京葉システム株式会社の登録商標です。
その他記載の規格名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
本製品には、OracleおよびOracleクライアントライセンスは含まれておりません。別途ご用意ください。
本製品には、SQL ServerおよびSQL Serverクライアントライセンスは含まれておりません。別途ご用意ください。
OS・データベースによりメーカー提供の修正モジュールが必要な場合があります。詳細はお問い合わせください。
本ページに記載された内容および製品仕様は、改良のため予告なく変更する場合があります。


オプション


変形労働時間外計算オプション
概要 タイム・ワークスの標準計算機能に加わる形で、週の総枠時間、変形時間の総枠時間を考慮した、適切な時間外時間の計算を行うことができます。
※ このモジュールを利用する場合は、別途、利用ライセンスが必要となります。

工数入力オプション (TimeWorks PIM)
概要 面倒な就業管理と原価計算のための工数入力を同時に運用可能なシステムをご提供します。
※ このオプションは TimeWorks Web Extension が必要です。

タイムワークス・モバイル・オプション
概要 携帯電話より客観的な始業・終業の打刻や直行、直帰などの申請をサポートします。
営業社員、派遣社員、現場社員などの出退勤情報を、携帯電話を利用して取得することができます。

IDカード発行システム
概要 JIS Ⅱ型タイプ磁気カードを作成する書込み装置(DM365Ⅲ/RS-232C接続タイプ)制御用ソフトウェア
 

資料請求はこちら 資料請求はこちらから

このページのトップへ