学生出欠管理システムは、

学生が講座に出席している状況を管理するシステムです。

学生出席管理システム

学生の出席管理は、講座毎、クラス毎等に各個人の出席率の算出、遅刻、早退、欠席回数の把握等、複雑な業務となっています。
また、出席簿を利用し出欠を取るという従来のやり方は、学生数が多くなるにつれ、より多くの時間を必要とし、貴重な授業時間を削ってしまいます。
弊社の学生出席管理システムは、磁気カードを利用し、授業前の時間等に学生自身がカードを通す事で、出欠データを取る事が出来、授業後に必要なデータを収集する事ができます。
これを利用する事により、出欠を取る為に割いていた時間を大幅に短縮し、出欠データを一元管理する事によって、学生指導にも有効なデータとして利用する事ができます。

概要

日次処理メニュー

学生出席管理システム

カードリーダ準備

カードリーダに日付時刻などの設定をおこないます。
(カードリーダは、株式会社デンソーウェーブ製シグマポータブルリーダMarkⅡを使用しています。)

データ収集

カードリーダからパソコンへ出席データの転送を行います。

受信データ展開

パソコンに転送された出席データをデータベースに登録します。

管理資料メニュー

学生出席管理システム

個人別講座別受講一覧表

学生一人ごとの受講講座の出席状況を印刷します。

講座別個人別受講一覧表

一つの講座ごとに受講学生の出席状況の一覧表を印刷します。

講座マスター一覧表

登録している講座の一覧表を印刷します。

メンテナンスメニュー
教員マスターメンテ 講座を受け持つ教職員の登録・変更・削除をおこないます。
学籍マスターメンテ 講座を受講する学生の登録・変更・削除をおこないます。
講座マスターメンテ 開講する講座の登録をおこない、講座ごとに遅刻とみなす時刻を設定します。
時限帯マスターメンテ 講座を行う時間帯の登録をおこないます。
個人出席データ修正 受講時に学生カード忘れなどの事後の登録・修正をおこないます。
講座データ修正 講座の開講日などの修正・変更・削除をおこないます。
学籍マスター読み込み 学生マスターのCSVファイルの取り込みをおこないます。
講座マスター読み込み 講座マスターのCSVファイルの取り込みをおこないます。
データバックアップ 万が一に備えて、全データのバックアップをおこないます。
年次更新 新年度切り替え時、昨年度の全データを一つのデータとしてまとめます。
過去年度のデータはメインメニューの「処理年度」により閲覧・編集・印刷が可能です。
システムの流れ



価格

別途お問合わせ下さい。

仕様・動作環境

製品仕様
学生コード 英数字7桁
講座コード 数字5桁
教員コード 数字4桁
時限帯設定 8時限
動作環境
対応OS Windows XP Professional
Windows 7 Professional(32Bit/64Bit)
対応機種 上記OSの稼動するPentium 4 2GHz以上のコンピュータ
メモリ Windows XP 512MB以上(1GB以上を推奨)
Windows 7 1GB以上(2GB以上を推奨)
ディスプレイ 本体に接続可能で使用するOSに対応したディスプレイ
解像度800×600以上(1024×768以上を推奨)
通信ポート USB1.1

※Microsoft(R)、Windows(R)は、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
※その他記載の規格名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本製品にはクライアントライセンスは含まれておりません。別途ご用意ください。


お気軽にお問合わせ、ご相談ください。

京葉システム株式会社 お問合わせ

京葉システム株式会社 お問合わせ