バーコードによる巡回点検システム「見巡りくん」

よくある質問

巡回点検管理ソフト(パソコン)で追加・変更して、ハンディターミナルに登録します。

入力数値が上/下限の許容範囲を超えている場合にアラーム音を発します。(点検報告書にも表示)

点検物の件数によりますが、ハンディターミナルは最大で約9999件のデータの蓄積ができます。

点検結果データの記録領域オーバーのアラーム音と画面で表示します。

一つのバーコードで画面に複数の点検項目を表示することができます。

専用プリンタ不要。パソコン用のプリンターで印刷できます。

当社より推奨のバーコードシートをご提供します。

キー操作の際に、バックライトが点灯します。

当社で、耐候性シールを雨曝しの柱等に貼付して3年間テストした結果、剥がれることもなく、バーコードの読取りは問題ありませんでした。しかし、点検シールは水や汚れに弱いと思われますので、劣化に対する配慮は必要です。

修理はセンドバック方式で対応いたします。

点検結果データのファイルフォーマットを公開いたしますので、表計算等の市販ソフトを使って、データの分析や管理資料の作成ができます。

点検管理ソフトもハンディターミナル(スマートフォン・タブレット)のソフトも、カスタマイズを要する場合には対応いたします。(別途お見積)


お気軽にお問合わせ、ご相談ください。

京葉システム株式会社 お問合わせ

京葉システム株式会社 お問合わせ